合気道は、開祖・植芝盛平翁(1883~1969)が日本伝統武術の奥義を究め、さらに厳しい精神的修行を経て創始した現代武道です。合気道は相手といたずらに強弱を競いません。入身と転換の体捌きと呼吸力から生まれる技によって、お互いに切磋琢磨し合って稽古を積み重ね、心身の錬成を図るのを目的としています。
稽古法
合気道の稽古は基本、二人組で繰り返します。「受け(攻撃をしかけ技を受ける)」と「取り(攻撃を捌いて技をかける)」を交代しながら左右バランス良く反復稽古を積み重ね、心と身体を練り鍛えます
又、指導者は示した技を、技や受け身の取り方等、大切な部分を指摘し各個人に合わせ指導します。
服装
 
合気道着一式 上着とズボン、白帯で一式(空手着でも可)です 
体験ではジャージ等でご参加下さい。

 

合氣道がどんなものなのか興味が少しでもありましたら一度体験か見学にいらしてください!お待ちしております!(^^)!